2017年02月03日

青年ネットAICHI『沖縄基地問題で立ち上がった市民』企画が行われました!

 2017年1月28日に民青も共同して活動を行っている青年ネットAICHI(青年革新懇)で『沖縄基地問題で立ち上がった市民』企画が行われました。
 この企画は今年の11月に行われる全国革新懇交流会に向けて青年ネットとしても運動をつくろうと連続講座を企画し、その第一弾として行われたものです。企画には15人の方が参加しました。
 
 企画の冒頭、映画『いのちの森 高江』(ドキュメンタリー映画、監督:謝名元慶福(じゃなもとけいふく)、語り:佐々木愛)をみんなで鑑賞しました。映画の中で出てきたお母さんは基地のない地域に引っ越したときに子どもが「お母さん、オスプレイが飛ばないと静かなんだね」と言っていたと語っていました。

DSC_0004.JPG


 映画鑑賞のあとは命どぅ宝あいち代表世話人の小山初子さんから「辺野古新基地建設を阻止するために」をテーマにお話をしていただきました。小山さんは代表世話人を務める命どぅ宝の発足について「97年の海兵隊による少女暴行事件を契機に愛知でも楽しく声をあげたいと思った」「集団就職した時にパスポートを発行されて、名古屋に出てきた沖縄出身の先輩方が愛知にいた。『本当に屈辱的だった』と話していた。就職先ではパスポートを取り上げられ、労災も効かない中で沖縄返還運動に力を尽くしてきた先輩方。いまの外国人労働者のような状況だった。その人たちに声をかけて命どぅ宝を発足した」と話しておられました。そして「辺野古は移設ではなく、新しくつくられる基地。これは何としても止めたい」「ぜひ沖縄に足を運んで現状を見てほしい。行けなくても愛知にいてできることはある。毎週土曜日の宣伝や住民監査請求などぜひ参加してほしい」と話していました。

 小山さんの話を聞いた参加者からは「声に出したら変えられる。勇気を出して行動してみようと思えた」などの感想が語られました。

 青年ネットAICHIでは今後、2/4・5に行われる青年革新懇全国交流会にバスツアーを組んで参加する予定です。

DSC_0012.JPG
posted by みんせいあいち at 13:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

名古屋南部地区新年会企画

 2017年1月8日、名古屋南部地区委員会では新年会を行いました。
 はじめましてのメンバーもおり、最初は緊張していましたが、魚介鍋をみんなでつくりながら年末年始どんなことをして過ごしていたかなど交流するうちにみんな打ち解けていました。
 鍋が出来上がるまで、そして遅れてくる参加者を待つ間に昨年末に加盟した同盟員Aさんが参加してくれていたので、民青の基礎講座を行いました。色々なことが書かれているけど、どんなことができるかまだわからない」と話すAさんに地区役員などが南部地区でこれまで取り組んできたこと、それぞれの班で取り組んできたことなど紹介しました。同じ班で活動する同盟員から「同じ班で活動していてもみんなが日常的にどんな仕事をしているのかわからないから、どんなことしているのか知る為に職場見学したよ」「合宿とかもしていたって聞いたよ」など話すと「全部やってみたい」と話してくれました。
 Aさんは「まだわからないことがあるけど、こんなに色んな人に出会えて楽しい」「もっといろいろやりたい」と語ってくれました。

22859(加工済).jpg

 帰り際にはAさんが「労働組合で活動しているんだけど、そこで取り組んでいる介護職員の処遇改善の署名に協力してくれませんか?今日参加して、もっと活動頑張りたいって思ったから協力してもらえると嬉しい」と話し、どんな署名に取り組んでいるのか、どういう実態があるのかなど語ってくれました。

 新年会後は有志で雨の中、初詣にも行ってきました。初詣に行く道中ではAさんから「今日は本当に楽しかった。もっといろいろな人に民青に入ってもらって活動していきたいと思った」と語られ、一緒に参加していた同盟員たちが「そうだね。職場の中でもっと仲間迎えていこう」と新年の決意が語られました。
posted by みんせいあいち at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

成人式宣伝

 2017年1月9日、名古屋市公会堂前で新成人の方に向けて宣伝を行いました。
 宣伝は民青同盟愛知県委員会と日本共産党愛知県委員会合同で行いました。

DSC_0017.JPG
 
 毎年全国で行っている新成人意識調査アンケートを新成人の方に協力していただいて集めました。
 もとむら伸子衆議院議員(日本共産党)、すやま初美さん(日本共産党愛知県委員会常任委員)も一緒にアンケート調査を行ってくれました。
 アンケートでは以下の項目について聞きました。
 ◇昨年7月の参議院選挙に行きましたか?
 ◇社会や政治に望むことはなんですか?
 ◇安倍自公政権の進める政治について、おかしいと思うことはありますか?
 ◇安倍政権の政治を変えるために「野党と市民が共闘して新しい政治をつくろう」とする動き
(野党共闘)についてどう思いますか?
 ◇日本共産党は野党共闘に力を尽くし、格差と貧困の拡大をただし安倍政権に変わる政治を提案しています。共感する政策を教えて下さい。
 ◇社会を変えるために一緒にやってみたいことはありますか?
 
 アンケートに協力していただいた新成人のうち半分の方が昨年の参議院選挙で投票に行ったと答えていました。「行っていない」と答えた新成人の方の中には「学費が高くてバイト漬けになっていて、期日前含めて投票に行く時間がなかった」と話す方もいました。
 社会や政治に望むことについては「学費値下げ、給付制奨学金の創設」が最も多く、日本共産党の政策で共感するものに関しても「学費・奨学金政策」について共感すると答えた方が多くいました。 安倍自公政権の進める政治についておかしいと思うことについては「憲法を変えて、戦争する国づくりを進める」ことと回答する新成人の方が多く、「いまの憲法を変えてほしくない」「戦争する国はいや」などと話してくれました。

 宣伝を通して自分の学びを生かして安心して働ける環境をつくってほしいと願う新成人の方がたくさんいると感じました。管理栄養士を目指して大学に通っている新成人の方は「栄養士さんたちが子どもたちの栄養を考えてつくった給食を給食費が払えなくて食べられない子どもがいるのは悲しい。自分が学んだことが活かされる社会にしたい」と話してくれました。工学部で学ぶ新成人は「国立大学に通っているから、大企業に就職するのが当たり前みたいな雰囲気がある。でもいま過労死の問題とかがあって自分が学んだことを生かしたいと思って就職したとしても働き続けられるのかわからない環境にあると思う。だからブラック企業とかへの規制をしてほしい」と語っていました。
 
 新成人の方が安心して学べる、安心して働ける、安心して生きていける社会をつくるために頑張っていきたいと改めて感じた宣伝となりました。

DSC_0110.JPG
posted by みんせいあいち at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。